• 自作詩全文
2017年03月25日 (土)
Timelines
2017年02月20日 (月)
今、 どこかで泣いてるきみのこと
2017年02月09日 (木)
Favorites
2017年01月07日 (土)
祇園の女。(七)(八)
2017年01月02日 (月)
残り火
2017年01月02日 (月)
天国は無い。
2016年12月30日 (金)
久遠の詩(亡き母に捧ぐ)
次 >>
2017.03.25(土):Twitter




web拍手 by FC2

著作権は放棄してません。営利非営利を問わず無断転載引用複写盗作改竄一切を固く禁じます。
2017.02.20(月):心の詩






ずっと、かんがえてたの
長い間、もう、ずっと

今、どこかで泣いてるきみのこと

どうしたら、
その涙を拭えるのかってことを

世界は立ち止まってはくれないし、なんにも見えないふり


偉い人たちは声を揃えて言うの
"美しい国をつくろう"って

おかしいよね

そうして美しい凡てを踏みつけてく

小さな、、
小さなきみが胸に潜めた光さえも


やさしい言葉ならいくらでも知ってるわ
みんなが欲しがるような素敵な言葉だって

だけどわたしは、、
わたしはなによりも知っている

そんな言葉じゃ触れることのできない一粒の涙を


ずっと、かんがえてたの
長い間、もう、ずっと

今、どこかで泣いてるきみのこと

どうしたら、
その涙を拭えるのかってことを


やがて
悲しみの底が咽び破れて堕ちてくる
平和を首にぶらさげた誰かの"やむをえない"って言葉をはじまりに

世界は立ち止まってはくれないし、なんにも見えないふり
わたしは、いつもちっぽけで




2015.1.20

web拍手 by FC2
【追記を読む】

著作権は放棄してません。営利非営利を問わず無断転載引用複写盗作改竄一切を固く禁じます。
2017.02.09(木):Twitter









web拍手 by FC2

著作権は放棄してません。営利非営利を問わず無断転載引用複写盗作改竄一切を固く禁じます。
2017.01.07(土):祇園の女



この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

web拍手 by FC2

著作権は放棄してません。営利非営利を問わず無断転載引用複写盗作改竄一切を固く禁じます。
2017.01.02(月):つぶやき



もういらん、と箸をおいた

思うように動かなくなった身体を
引き摺るようにベッドへ横たわる

そろそろ帰るね、
そういうと決まって涙を溢すから

なんで泣くん、てわらい泣く

のばされた父さんの手
あたしはこの手を憶えている

2つの手が重なるのを
あたしはあたしから抜けだして

みつめていた






web拍手 by FC2

著作権は放棄してません。営利非営利を問わず無断転載引用複写盗作改竄一切を固く禁じます。
2017.01.02(月):久遠の詩



天国は無い
地獄も無い
神様なんていやしない

まして
死んだ母さんはあの世になどいない

ぼくは知っている
天国を知っている
地獄を知っている
神を知っている

死んだ母さんの居場所を知っている

どこか遠くを探したところで 
どこにも在るはずなんかない

すべては
ぼくの心におさまっている






web拍手 by FC2
【追記を読む】

著作権は放棄してません。営利非営利を問わず無断転載引用複写盗作改竄一切を固く禁じます。
2016.12.30(金):久遠の詩



小さくなってゆく君を
どうすることもできないまま
空は蒼く美しく流れて
そんなことが哀しかった

隠した涙のわけもきかずに
”大丈夫、心配いらない”って
立ち上がった君の横顔 君の声
いつまでも忘れはしない

窓越しに手をふる君
震える指先
精一杯の生きる姿 
命の灯火
最後のさよなら

幼い子供みたいにダダこねて
”いかないで”って言えたなら
呆れてもどってくれたのかな

幾千の涙を紡いで永遠に綴るよ

冷たくなってゆく君を
どうすることもできないまま
泣き崩れたわたしを許して

幾千の涙を紡いで永遠に綴るよ

冷たくなってゆく君を
どうすることもできぬまま
立ち尽くすわたしを叱って

言えなかった言葉をいま君に贈るよ

色褪せぬ別離を焼きつけ
君に捧ぐよ

久遠の詩を




十二月三十日命日


web拍手 by FC2
【追記を読む】

著作権は放棄してません。営利非営利を問わず無断転載引用複写盗作改竄一切を固く禁じます。