• 猫捨て
  • 2013年09月06日 (金)
  • 21時18分13秒
  • この記事にはトラックバックできません。
2013.09.06(金):心の詩



猫は啼いていた

穢れなき月夜の下で 
時折流れる車のライトに怯えながら

何処へゆくというのだろう
生きることに身じろぎもしないで

胸の痛みを抱えたまま
此処に留まることもできずに 

深い闇の中を






web拍手 by FC2

著作権は放棄してません。営利非営利を問わず無断転載引用複写盗作改竄一切を固く禁じます。