• 転校
  • 2012年02月10日 (金)
  • 02時57分10秒
  • この記事にはトラックバックできません。
2012.02.10(金):10代の詩



別れはとてもつらかった
泣けばみんなが泣きだすから
熱く冷たい唇を
穴のあくほど噛み締めた

別れはとてもつらかった
泣けばみんなが泣きだすから
右手で掴んだ親指を
痣のつくほど締めつけた

「最後にさよなら言いなさい」
先生優しく言うけれど
身動きできなくなるほどに
溢れる涙はどうするの

熱く冷たい唇を
穴のあくほど噛み締めた
右手で掴んだ親指を
痣のつくほど締めつけた

溢れた涙をのみこみながら
さよなら言わずに
「ありがとう」
古い教室背向けて
壊れたドアを閉めたとたん
みんなの泣き声きこえたよ
いつでも強がりみせてたのに
最後の瞳は雨のよう




web拍手 by FC2

著作権は放棄してません。営利非営利を問わず無断転載引用複写盗作改竄一切を固く禁じます。